Flash調子笛「お調子もん」

初心者が最初にぶつかる難関が「ちんだみ(調弦)」です。
三線のちんだみ方法は、沖縄では5~6年前までは調子笛が主流でした。現在ではチューナーと調子笛と半々ぐらいの割合で使われています。

しかし、調子笛やチューナーを使ってのちんだみは、なかなか音を覚えることができず何年たっても音を聞いてのちんだみが出来なくなります。
そこで三線の音色で全ての絃が調弦出来る「お調子もん」を開発しました。
実際の三線の音を聞きながらの調弦は音感を鍛えるのに一役かってくれます。

三線の上達、それは音感の度合いと比例します。音感を鍛えながらの調弦方法をマスターすれば、メロディーが分かる童謡など簡単な曲は、 音の高さの瞬時に把握して工工四も見ずに音の高さを自分で先読みして、三線を演奏する事が出来ます。

「お調子もん」でちんだみ

調弦表は下記の表で表します。下から上に向かって音が高くなります。

本調子三下げ二揚げ
男絃ウージル中絃ナカジル女絃ミージル男絃ウージル中絃ナカジル女絃ミージル男絃ウージル中絃ナカジル女絃ミージル
6D(レ)G(ソ)D(レ)D(レ)G(ソ)C(ド)D(レ)A(ラ)D(レ)
5C#(ド#)F#(ファ#)C#(ド#)C#(ド#)F#(ファ#)B(シ)C#(ド#)G#(ソ#)C#(ド#)
4C(ド)F(ファ)C(ド)C(ド)F(ファ)A#(ラ#)C(ド)G(ソ)C(ド)
3B(シ)E(ミ)B(シ)B(シ)E(ミ)A(ラ)B(シ)F#(ファ#)B(シ)
2A#(ラ#)D#(レ#)A#(ラ#)A#(ラ#)D#(レ#)G#(ソ#)A#(ラ#)F(ファ#)A#(ラ#)
1A(ラ)D(レ)A(ラ)A(ラ)D(レ)G(ソ)A(ラ)E(ミ)A(ラ)

基本的にまずはミージル(女絃)から合わせます。

ミージル(女絃)を先に自分のキーに合わせます。それを基準にナカジル(中絃)とウージル(男絃)を合わせていきましょう。

一般的に男性は3~6の高さで唄い。女性は1~4の高さで唄います。
自分が唄いやすい高さを覚えて調弦しましょう。

  1. 1をクリックします。
  2. 「本調子」をクリックします。
  3. 各絃の名称をクリックすると音が100回繰り返されます。

繰り返される音を聞きながら、カラクイを回して音を調節してください。

商品カテゴリ

工工四

三線WEB教室

ゆいのweb教室

  • 三板web教室
  • カラオケweb教室
  • 太鼓web教室
  • 古典web教室

ゆいオフィシャルツイッター

skype三線教室

琉音

初心者に優しいセット

ゆいブログ

イベント案内

メールマガジン登録

メディア掲載情報

安心保障のご案内

営業日カレンダー

  • <前月
  • 次月>
  • 2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

※土日祝祭日および赤字は休業日です

パンフレットダウンロード

お支払い方法
代金引換
代引き手数料はお客様負担となります。 商品配達時に配送スタッフに現金でお支払いください。
お届け時クレジットカード払い
代引き手数料はお客様負担となります。 商品配達時に配送スタッフにクレジットカードをご提示ください。
銀行振込み
商品注文完了後、メールにてお振込み先をご案内いたします。お早めにお近くの銀行にてお支払いください。お振込みの確認が取れ次第、商品を発送いたします。
配送について
送料
送料全国一律1,080円 5,000円以上は送料無料
お届け時間指定
午前中、12~14時、14~16時、16~18時、18~20時、20~21時
返品・キャンセルについて
万が一、不良品が届いた場合は良品と交換、もしくは代金の返還になります。 ダウンロード販売の場合は商品の特性上、返品を承れません。予めご了承ください。
お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
098-897-3755
メールでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム