十九の春

「十九の春」の元歌は明治の、壮士演歌師・添田唖蝉坊(1024~
1944)の「ラッパ節」(明治末から大正にかけて流行った)の
ようです。その接点は九州(筑豊、三池)や西表の炭鉱労働者達
の歌が琉旋に乗り「与論 ラッパ節」「ジュリグァー小唄」
などのバリエーションとなりました。
琉球 列島いたる所にその旋律は有りました。「十九の春」も
その一変化といえ ます。1972年、本竹祐助・津波洋子が歌い、
そのタイトルとメロディが確立 したといえましょう。今では
沖縄島うたのデュェット曲の代表といえます。 ここでは三線
練習用に独唱となってますが、デュェットで練習してもいいの
では?本土からの輸入歌でありますので、工工四の勘所」が
少し 違ってきます。講師の指をしっかり見てその指使いと
音程に注意して 練習しましょう。

歌手名
上間綾乃
ジャンル
島唄(琉球民謡)
レベル
★★★
ページ数
2
ファイルサイズ
150KB

十九の春

300円(税込)

お支払い方法
代金引換
代引き手数料はお客様負担となります。 商品配達時に配送スタッフに現金でお支払いください。
お届け時クレジットカード払い
代引き手数料はお客様負担となります。 商品配達時に配送スタッフにクレジットカードをご提示ください。
銀行振込み
商品注文完了後、メールにてお振込み先をご案内いたします。お早めにお近くの銀行にてお支払いください。お振込みの確認が取れ次第、商品を発送いたします。
配送について
送料
送料全国一律1,080円 5,000円以上は送料無料
お届け時間指定
午前中、12~14時、14~16時、16~18時、18~20時、20~21時
返品・キャンセルについて
万が一、不良品が届いた場合は良品と交換、もしくは代金の返還になります。 ダウンロード販売の場合は商品の特性上、返品を承れません。予めご了承ください。
お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
098-897-3755
メールでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム